テレクラのいろは

テレフォンセックスで女性をオーガズムに到達させるテクニック10選

テレフォンセックスで使えるテクニック

一般的に「女性をオーガズムに到達させる」というと、ベッドの中で女性を愛撫しながら、というのが一般的です。

しかしある程度経験を積み、セックスするたびに相手の女性を何度もイカせることができるようになってくると、女性の体に触れることなく、なおかつ遠隔でイカせたくなってきます。

そんなあなたにおススメなのがテレホンセックスです。テレフォンセックス、つまり女性に触れることなく相手をオーガズムに到達させることができれば、それは究極の愛の形と言えるでしょう。

今回はテレフォンセックスで女性をオーガズムに到達させるテクニックを10コ紹介します。

女性がオーガズムに到達するとはどういう現象なのか解説

テレフォンセックスで女性をオーガズムに達成させるためには、そもそも「オーガズムって何?」ということを理解している必要があります。

男性の場合は「射精」=「オーガズム」とわかりやすいですが、女性の場合は異なります。まずは女性のオーガズムについて少し勉強しておきましょう。

オーガズムとは?

オーガズムとは「累積的な性的緊張からの突然の解放」と定義されています。持続する快感が体に加えられると徐々に性的興奮が高まり、全身の血液が性器に集まると同時に体中に力が入ります。

さらに刺激が加えらえると、まるでジェットコースターがゆっくりと傾斜を昇って行くように徐々に快感も高まります。快感がピークに達し閾値を超えた瞬間、突然「パンっ」とはじけるようにこれまで蓄積していた快感がはじけ放出されます。

それはゆっくり昇っていたジェットコースターが昇り切った後、一気に落下する感覚に似ているとも言われています。オーガズムを迎えると体中の力が一気に抜け、全身が何ともいえない快感に満たされるのです。

オーガズムに達すると同時に、脳から「ドーパミン」と「オキシトシン」が大量に分泌されます。ドーパミンは興奮をつかさどるホルモンであり、ドキドキする作用があります。そしてオキシトシンの別名は「幸せホルモン」。

オキシトシンが分泌されると幸せな気持ちで満たされるのです。

オーガズムに到達したときに女性の身体に現れる現象

オーガズムに達すると女性の体には次のような変化が訪れます。

  • 膣内や性器付近の筋肉の素早くリズミカルな、かつ強力な収縮・痙攣
  • 心拍数と呼吸数の増加
  • 血圧上昇
  • 体が火照って汗をかく

女性のオーガズムは男性よりわかりにくいですが、注意深くチェックしてみると意外と変化が表れているのです。

テレフォンセックス中に女性をオーガズムに到達させる方法10選

女性のオーガズムを理解したところで、テレフォンセックス中に女性をオーガズムに到達させる方法を見ていきましょう。

女性の体に触れずにオーガズムに到達させることなんて本当にできるのでしょうか?

最初は紳士的な態度で何気ない会話を楽しむ

電話で女性をイカせたいからといって、最初からガッついてはいけません。焦ってエッチな雰囲気に持ち込もうと、電話してさっそく下ネタをぶち込むなんて言語道断です。

いくら好きな男性からの電話とはいえ、そんなことされれば女性は興ざめしてしまいます。テレフォンセックスの初めは紳士的に接し、他愛もない会話を楽しみましょう。

自分の話をするよりも、相手の女性の話を聞いてあげると良いでしょう。雑談しながら「その場を暖める」イメージです。

顔やスタイル・声などを褒めてあげる

最終的に女性をオーガズムに持っていくには、相手の女性を広い意味で気持ちよくしてあげる必要があります。女性をいい気持にするためにはどうしたらいいか?それはとにかく女性を褒める事。

褒めて褒めて褒めまくりましょう。男性から見て、ちょっとオーバーかな?と思うくらいがちょうどよいでしょう。

「いつもかわいいよね」「こんなところが好きだよ」「この前のデートの時の髪型良かったね」などルックスを褒めるのもよし。電話では姿が見えませんから「声がかわいいよね」「ずっと話してたくなるな」なんて声を褒めてあげるのも効果的です。

「スタイルもいいよね」なんてスタイルを褒めてあげて、そこから徐々にエッチな方向に持っていくのもありでしょう。

お互いの状況や服装などを確認しながら妄想を膨らませる

雑談を交わし、女性を褒めて場が暖まってきたらいよいよテレフォンセックスの雰囲気に持っていきましょう。「今何してるの?」「お風呂入った?」「もうベッド?」などの質問を重ね、相手の女性の状況をリアルに把握します。

自分を生々しく想像してもらうためにも、自分はどこでどんな格好をしているのかということも伝えます。初めてのテレフォンセックスはお互いベッドの中が良いでしょう。

部屋の明かりは暗めで薄く心地よいBGMをかけるのも効果的

2人同じ空間にいるわけではありませんが、妄想をリアルにしてもらうためにも一工夫を加えましょう。部屋の電気を薄暗くして、実際にセックスをするシチュエーションを再現してもらいましょう。

明るい部屋よりも薄暗い方が妄想が膨らみオーガズムを迎えやすくなります。リラックスるするためにヒーリングミュージックやクラッシクを小さな音量で掛けるのも効果的です。

ここで気持ちよいテレフォンセックスをするためのちょっとしたコツを紹介します。それは2人でセックスする時にアロマオイルを使うようにして、テレフォンセックスする時にもおなじアロマオイルを使う事です。

テレフォンセックスでオーガズムを迎えるためには、どれだけ相手とのセックスをリアルに妄想できるかにかかっています。実際にセックスしているシチュエーションを再現すると女性もスムーズにオーガズムに達することができるかもしれません。

いやらしい声や音で雰囲気を盛り上げる

テレフォンセックスでオーガズムに到達させるためには聴覚による刺激も大切です。相手の姿が見えないテレフォンセックスだからこそ、わざとらしいくらいの声や音が効果的なのです。

恥ずかしがる女性にあえて声を出してもらうと、女性はさらに興奮してどんどん燃えます。

喘ぎ声や吐息で興奮していることを伝えよう

テレフォンセックスの時はついつい相手の女性の吐息や喘ぎ声を聞きいってしまいたくなってしまいますが、黙って聞いているのは絶対にNGです。「もしかして盛り上がっているのは自分だけ?」と女性は不安になって醒めてしまいます。

そこで女性にテレフォンセックスにより没頭してもらうため、程よく合いの手を入れてあげましょう。この場合のベストな合いの手は、あなたの喘ぎ声や吐息です。

どんどん盛り上がってくる女性に合わせ、あなたも盛り上がることを伝えてあげましょう。ここでもわざとらしいくらいがちょうどよいでしょう。

普段なら言わないようなエッチなセリフで相手を刺激しよう

テレフォンセックスをするときは、普段は言わないような過激なセリフを使って相手を刺激しましょう。近くにいないからこそ、そのハンデを埋めるように生々しくてエッチなセリフをたくさん言ってあげます。

ここで恥ずかしがってはいけません。慣れないと恥ずかしいと思いますが、ここはどんどん卑猥なセリフを投げかけてあげましょう。きっと女性はますます盛り上がるはずです。

行為の最中に相手に実況中継させよう

相手の姿が見えないからこそ行為の最中に「今どうなってるの?」と小まめ聞いて、相手の女性に現在の状況を説明させましょう。「今どこ触ってるの?」とか「どのくらい濡れてる?」なんて聞いて見るのもよいでしょう。

あえて自分の置かれている恥ずかしい状況を客観的に把握させ、しかもそれを自分の口から言わせる。女性にとってこれ以上に恥ずかしいことはありません。その恥ずかしさがさらに女性をヒートアップさせ、オーガズムへ導くのです。

相手の女性のを聞いてあなたも興奮できればしめたものです。

イクタイミングは女性に合わせよう

どんどん盛り上がって気持ちよくなってしまったあなた。もうそろそろ限界です。でもちょっと待って!イクタイミングは絶対に女性に合わせてあげましょう。

先にあなたがイッってしまうと、女性は置いてけぼりになった気持ちになってしまうでしょう。女性にとってこれほどみじめで恥ずかしいことはありません。

二度とテレフォンセックスの相手になってもらえないかもしれません。もし万が一我慢できずにイッてしまった場合は上手に隠しましょう。

お互いにイッた後も大事!後戯も楽しもう

テレフォンセックスでお互いに気持ちよくなった後はその後もとっても大切です。

賢者タイムに入ると「自分電話でなにやってんだろう」と冷静になって、すぐに電話を切りたくなってしまうかもしれませんが、それは絶対に禁忌です。

余韻を楽しむように、ゆっくりとピロートークを楽しみましょう。「イッてくれてうれしいよ」とか「今度会った時はもっと気持ちよくするからね」なんてトークをしてもよいでしょう。

女性は男性と異なり、オーガズムを迎えた後もしばらくは興奮が続いていますから、優しく包み込んであげましょう。近くににいないからこそテレホンセックスの後のケアは大切なのです。

「言葉攻め」が最も重要!雰囲気に合わせて言葉使いも変えよう

気持ちよくテレフォンセックスをして女性をオーガズムに導くためには、「隣にいない自分をいかにリアルに妄想してもらえるか」が勝負です。そのために最も大切なのが「言葉攻め」です。

ここからは上手な言葉攻めのコツについて紹介します。

初めての相手には優しく言葉攻めしてあげよう

「言葉攻め」というと激しく荒々しい、エッチで卑猥な言葉が思い浮かびますが、初めてテレフォンセックスをする相手には優しい言葉をメインにかけてあげましょう。

最初からあまりにハードな言葉を投げつけてしまうとビックリして引いてしまうこともあり得ます。初めは優しい言葉を掛け、相手の様子や反応を見ながら(耳元で感じながら)様子を見つつ言葉をチョイスしましょう。

相手がMっ気のある女性ならはっきり指示するのが効果的

女性がMっ気のあるようであれば、はっきりと指示・命令するような言葉が効果的です。Mっ気のある女性はセックスの時に上から指示されたり、命令されることを好むからです。

耳元で好きな男性から指示されればされるほど、どんどん燃え上がっていくはずです。

もしあなたの彼女がMっ気があるならばどんどん指示をだしてあげましょう。表情が見えないテレフォンセックスはオーバーなくらいがちょうどよいのです。

シチュエーションに合った言葉使いをしよう

ここではわかりやすいケースを使って言葉攻めの方法を説明しましたが、実際はケースバイケースです。相手の性格やシチュエーションによって千差万別です。

セックスの経験値がそれなりにある人でも、テレフォンセックスの経験がある人はそれほど多くないでしょう。試行錯誤しながら、お互いにとってベストな形を模索していくのもテレホンセックスの楽しみの一つと言えるでしょう。